【問題解決型スピーチ】の基本構成~3フェーズ3レーン~

問題解決型スピーチ

 

こんにちは、馬渕です。

 

ここではプレゼンの最も重要な型である【問題解決型】の基本構成についてお話していきたいと思います。

 

※問題解決型プレゼンとは、

他人や社会が抱える悩み・課題・問題を解決するうえで役立つ知識・情報・考え方・アプローチを提示する話し方の型(パターン)です。

 

【問題解決型スピーチ】とは何か?
スピーチやプレゼンテーションを行う必要があるシーンは、様々あると思います。 学校での発表、職場でのプレゼン、学会発表、結婚式などの冠婚葬祭などなど。 これらは、他人や社会が抱える何らかの悩み、課題を解決することに関係するか否...

 

・・・

 

プレゼンの基本構成3フェーズ3レーン

 

このサイトでは、プレゼンの基本構成を3フェーズ3レーンと考えます。

 

まず3フェーズですが、この分け方では

 

フェーズⅠ…「開始・導入のフェーズ」

フェーズⅡ…「問題解決のフェーズ」

フェーズⅢ…「終了・まとめのフェーズ」

 

このように、開始段階、中間段階、終了段階と3つの段階でプレゼンをとらえます。

 

 

 

 

 

・・・

 

そして、もう一つの3レーンとは、プレゼン中に言及する内容の区分です。

 

プレゼンのなかで話す内容は、大きく3種類に分けることができます。

 

①プレゼンの主要テーマに関すること

②話し手(プレゼンターに関すること)

③聞き手(プレゼンを聞いてくれる人に関すること)

 

この3つは、プレゼン中にスポットが当たる場所で、それを切り替えながら話を進めていくことになります。

 

 

 

この3フェーズ&3レーンによって、プレゼンの攻勢を最もシンプルかつ応用の利く形で把握することができます。

 

 

 

フェーズⅠ~Ⅲ×3レーン概要

 

改めて、フェーズⅠ~Ⅲの内容を3レーンと組み合わせてまとめてみます。

 

フェーズⅠは、「開始・導入のフェーズ」です。

 

このフェーズは、例えば以下のような内容を含みます。

 

・自己紹介

➡プレゼンターが簡単な自己紹介を行います。

 

・テーマ提示

➡プレゼンで扱うテーマを提示します。

 

・関連付け(接続)

➡そのテーマが聞き手とどう関係するかを明確にし、リンク付けします。

 

・ベネフィット提示

➡そのテーマが聞き手にどんなメリット、ベネフィットを与えるかを明確にします。

 

・質問・呼び掛け

➡聞き手に質問を投げ掛けます。

 

・アイスブレイク

➡場を和ませるような話を挿入します。

 

フェーズⅠでは、プレゼンター側は自己紹介を行ったり、テーマを提示して興味をひいたり、聴衆に質問をしたりします。

 

・・・

 

フェーズⅡは、「問題解決のフェーズ」です。

 

このフェーズは、例えば以下のような内容を含みます。

 

①問題の背景・仕組みなどの解説

プレゼンで扱う悩みや問題の背景を説明します。

また、その問題を解決するための基礎知識・情報&大事な考え方を伝えます。

 

②自分の体験・エピソード

必要な場合、自身の体験をエピソードとして話すこともあります。

 

③問題の解決方法

その問題の解決方法を提示します。

 

スピーチ/プレゼンは、問題解決と深い関係にあるため、

第二フェーズ(メイン・フェーズ)で特定の問題・テーマを取り上げ、具体的な解決方法や有効な考え方を示します。

 

④メッセージ核

プレゼンでは、問題を解決する方法を伝えると同時に、プレゼンターが伝えたいメッセージを届けます。

 

プレゼンは、人生の目的(ミッション)に沿って、他人や社会に対して自分の内側にあるメッセージを伝えるための活動であるため、

 

理想的には、スピーチは単調な文章をただ繋ぎ合わせたものではなく、自分が最も伝えたいこと(自分のメッセージ)を核心に据えた統一的なテキストであると考えられます。

 

【メッセージ核】スピーチの最も重要な要素とは?
こんにちは、馬渕です。 ここではスピーチを構成する文章の持つ特性について考え、さらに スピーチの構造・構成を理解するうえで重要な【メッセージ核】という概念を紹介します。 この【メッセージ核】の概念を中心としてスピーチを...

 

・・・

 

フェーズⅢは、「終了・まとめのフェーズ」です。

このフェーズは、例えば以下のような内容を含みます。

 

・メッセージの反復

・内容の要約・まとめ・振り返り

・エネルギー付与

・オファー

 

フェーズⅢでは、フェーズⅡまでの内容をまとめて整理して提示したり、フェーズⅡで伝えたメッセージを繰り返したり、またビジネス・シーンではセミナー等のイベントの案内をしたり、自社商品・サービスをオファーすることもあります。

 

・・・

 

おすすめのプレゼンの構成方法

 

この3フェーズ3レーンの考え方は、シンプルであると同時に、あらゆるプレゼンの状況に対応がきく、汎用性の高い構成方法です。

 

そのため、プレゼンが直前に控えているときは、以下のスライドのような表を作成し

 

3フェーズ3レーンの各空欄に文章を書きこんでいってみてください。

 

ある程度書き込めたら、それをもとにプレゼンのリハーサルを行うと、スムーズに話しやすくなると思います。

 

 

少しでもご参考になればうれしいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました